ピンズ ピンバッジ ピンバッチ の種類 七宝焼き

TOP 

七宝ピンバッジ

七宝焼きのピンバッジ


最高級品。
ガラス質の釉(うわぐすり)を焼付ける工芸技術。
釉で着色された粉を盛り、高温(約800℃)で焼付けた後、磨く(1色ごとに焼付け・磨き)。
七宝ピンバッジ釉薬  →  七宝ピンバッジ磨き
釉薬を盛る 熱処理後に表面を磨く

高温で熱処理されているので 表面が硬く・輝きがあります。
高温で熱処理をするため、どうしても若干の歪が出てしまいます。
その歪も七宝の味わいと言えば、そうかもしれません。


選択可能な色数が少ないですが(100数種類)、半透明色もあります。
(地金に段差をつけて、色の中を透かして地金が見えるようにすることが出来ます。)
七宝ピンバッジ半透明
半透明色の中に見える地金(完全に見えている地金より一段低い)


地金と色部分の仕上がりは滑らかです。(ツライチ)

擬七宝や他の作り方に比べ、経年劣化が少ないです。
(年数が経てば経つほど、味わいが出てきます。)

社章・徽章に使われることや
お祝い事の記念品に使われることが多いです。



七宝ピンバッジ裏面
左:七宝の裏面
右:擬七宝の裏面

同じ砂目状にしても、七宝焼きの方が熱処理の温度が高いのと
使用する薬品の影響で砂目が少しつるつるになる。


いろは貿易のピンズ(ピンバッチ,ピンバッジ)はすべてお客様のオリジナルデザインにより製作となります。
デザインにより向き・不向きなピンズ(ピンバッチ,ピンバッジ)の作り方があります。
お客様の欲しいピンズ(ピンバッチ,ピンバッジ)を上手くヒアリングして、いろは貿易はお客様と一緒に満足できるピンズ(ピンバッチ,ピンバッジ)の製作を目指しています。

TEL:052-618-9347/FAX:052-851-2695/iroha@168-trade.com
オリジナルのピンズ(ピンバッチ,ピンバッジ)のお問い合わせは有限会社いろは貿易まで